PRまめ知識ブログ

色とイメージ

宣伝広告に欠かせないひとつの要素は、その広告カラーです。

同じ文言の広告であっても、色彩が異なればその効果や印象も異なります

極端な例ですが、モノクロのりんごの写真とカラーのりんごの写真では、やはり色味のあるりんごに惹かれますよね。

赤いりんごと、茶色のりんごであれば、赤いりんごを購入しますよね。

茶色のりんごは美味しくなさそうな印象を受けます。

色彩は情報源としても非常に重要なのです。

 839f295ca3e132555a0c351407fab01d_s

色と心理

色には人の心理に働きかける効果があると言われています。

それぞれの色が持つ印象効果のことを「色彩感情」といい、その色が何かと結び付いて連想されることを「色彩象徴」といいます。

色彩によって、人々が受け取るイメージは変化します。

宣伝広告を作成する際、色味にこだわるのはこういった理由からです。

 

【イメージ(象徴)】生命・活動的・情熱的・衝動的・破壊・暴力

【連想するもの】血・太陽・火・りんご・トマト

【心理的作用】

生きる力や性を表していることから、神経を興奮させる・元気を出すという効果がありますが、悪い意味では闘争心を出したり短気になったりするという一面もあります。

スポーツのユニフォームなどに多いですね。

 

【イメージ(象徴)】家庭・仕事・自由・暖かい・深い知恵・推察力

【連想するもの】夕焼け・みかん・柿

【心理的作用】

橙(オレンジ)は解放感を与えて、楽しい気分にさせる色です。

また食欲を促進させる色としても有名です。

 

  • 黄色

【イメージ(象徴)】好奇心・向上心・知識・幸福・軽快・カジュアル

【連想するもの】レモン・ヒマワリ・卵(黄身)

【心理的作用】

黄色は暖色系の中でも特に明るく感じられる色の通り、集中力を高めたり気分を明るくする効果があります。他にも注意を促すといった警戒色の効果もあります。

工事現場などで注意マークを見かけますね。

 3e53b4709e8178e2b54a4a0685ca26a0_s

【イメージ(象徴)】穏やかさ・調和・自然・平和・バランス・協調

【連想するもの】山・木・植物・野菜

【心理的作用】

興奮を静めたり、集中力を増す効果があります。また遠くの緑を見ると目に良いと言われていることからも分かるように、目の疲れを癒す効果があります。

 

【イメージ(象徴)】平和・安全・冷静・誠実・清潔・若い・爽やか

【連想するもの】空・海・川・水

【心理的作用】

興奮を抑え、冷静にさせる作用があります。青は情熱を意味する赤とは反対に、涼しさや爽やかさ、知性や冷静を感じさせてくれる色です。

空や海のイメージから、飛行機や船などに利用されることも多いです。

 

  • 青紫

【イメージ(象徴)】精神・孤独・気品・厳粛・崇高・宇宙

【連想するもの】ラベンダー・ブルーベリー・あじさい

【心理的作用】

精神に関するものとよく結びつけられる色で、他にもエレガントな雰囲気や女性的なイメージを与えます。その他にも、上品な感じや高級感を出す色としても使われています。

 

【イメージ(象徴)】高貴・優雅・魅力的・非現実的・霊的・神秘

【連想するもの】ナス・ぶどう・スミレ・あやめ

【心理的作用】

想像力をかきたてたり、感受性を高める効果があります。紫に関する色は全般的に高級感や上品さを表すものが多いです。

 

【イメージ(象徴)】清潔・潔さ・美しさ・純粋・神聖・天国

【連想するもの】結婚式・病院・雪・綿・牛乳・雲・紙

【心理的作用】

汚れていないというイメージから、清潔感・純粋さを与えてくれる色です。明度が高く光を反射する色なので、明るいイメージで使われることがほとんどです。

様々な商品(例えば紙類やパッケージ)のベースカラーになることが多いのも特徴のひとつです。

 806f2f845fd93c56f8efcb84897e70d7_s

【イメージ(象徴)】調和・憂鬱・不安・過去・薄暗い・思い出

【連想するもの】曇り空・煙・石・コンクリート・ネズミ

【心理的作用】

はっきりしない色のイメージから、控えめで平凡な印象を与えます。灰色は無彩色で、他の色とも相性が良いので合わせて使うことによって効果が発揮される色です。

使い方によっては、無機質な印象にもなります。

 

【イメージ(象徴)】暗闇・死・恐怖・悪・沈黙・高級感・男性的

【連想するもの】スーツ・葬式・髪の毛・カラス・墨・夜

【心理的作用】

黒は全ての色を吸収した色といわれていて、何かを秘めた印象や影のある印象を与えます。黒は重く見せる効果があります。黒は一番有彩色を引き立てる色です。

様々な商品の、文字のベースカラーに利用されることが多いです。

 

【イメージ(象徴)】冷たさ・金属・洗練・硬い・上品

【連想するもの】小銭・アルミ・スプーン・銀歯・腕時計・アクセサリー

【心理的作用】

上品で落ち着いた印象、また洗練された都会的な印象を与えます。高級感を持つ色です。自然界では少ない色なので、人工的な印象も与えます。

高級感ある商品、あるいはメタリックな商品イメージに利用されます。

 

【イメージ(象徴)】成功・高級・富・頂点・輝き・豪華

【連想するもの】金箔・お金・宝石・金閣寺

【心理的作用】

派手で目立つ色、また高価の象徴であることから、特別なものや高級感といった印象を与える色です。お金や富を連想させ、豊かさを感じさせてくれます。

メダルも1位は金色ですよね。

 

以上のことから、色彩によって人々が受け取る印象は、その色彩ごとに大きく異なることがわかります。

宣伝広告を作成する際には、その商品のイメージをきちんと表現することが大切です。

 

引用参考 handywebdesign

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る