PRまめ知識ブログ

交通事故を起こしやすい曲とは

通勤や買い物、旅行に使用するなど私たちの生活とは切っても切り離せない乗り物の自動車。

便利ですが、危険も多く、毎年多くの方が交通事故に遭遇しています。

どんなに安全運転を心掛けていても、カーオーディオやラジオから流れてくる音楽が交通事故の引き金になる可能性もあるかもしれません。

イギリスの自動車関連調査プロモーション機関「RAC Foundation」が発表したとされる、交通事故を起こしやすい曲のリストが紹介されていました。

●「ワルキューレの騎行」リヒャルト・ワグナー

●「ファイヤースターター」ザ・プロディジー

●「レッド・アラート」ベースメント・ジャックス

●「インソムニア」フェイスレス

●「レクイエム」ジュゼッペ・ヴェルディ

以上の5曲が挙げられています。

ワグナーやヴェルディといったクラシック音楽家から、ザ・プロディジー、フェイスレスなど、テクノ・エレクトロニックミュージックのジャンル

で活躍するミュージシャンまで、アーティストのジャンルは様々。

 

12

一見すると何も共通点がないように見受けられますが、実は音楽のテンポに事故を起こしやすい秘密が隠されています。

一般的に音楽のテンポを示すBPM(Beats per Minute)という数値が60を超える曲を聴くと心拍数と血圧が上昇し、興奮状態になることにより、

運転時の集中力低下や決断力の低下をもたらすようです。

また、アップテンポではないクラシック音楽も、音数の多さや音の強弱の反復により、ダンス・ミュージックのような速いテンポの曲と

同じ効果があるとの事です。

ちなみに、アップビートの曲が運転中にかかると赤信号を無視するケースが増え、事故率も2倍になると言われています。

 

11

 

運転中に聞くとよいと言われている音楽は、テンポがスローで、音にあまり変化がなく、リラックスできる曲がおススメだそうです。

逆にアップビートの曲や音数の多さや音の強弱の反復がある曲は避けた方がよさそうです。

運転をする際の参考にしてみてください。

 

引用参考:RAC Foundation

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る