PRまめ知識ブログ

日本のイベント2/恵方巻

本日は2月3日 「節分」の日です。

皆様は もう節分の準備はされましたか?

 

夜になって 「鬼は~外!」という 小さなお子さんの大きな声が聞こえてくると微笑ましいですよね。

7fcfae066e087b773927720143057a00_s

 

2015年に行われた 全国の20歳以上の男女600人を対象としたインターネットによる調査によると

日本の季節行事、伝統行事についてのデータ結果(複数回答可)が公表されました。

各家庭や個人の記念日を除く 毎年恒例の「年中行事」といえば 何かという質問に対し

1 正月(初詣・おせち料理など) 67.8%

2 大晦日(年越しそばなど) 59.1%

3 クリスマス 51.2%

4 お花見(桜) 39.6%

5 節分(豆まき・恵方巻きなど) 38.6%

6 バレンタインデー 33.8%

7 母の日 33.0%

8 土用の丑の日(うなぎなど) 28.2%

9 花火大会 27.9%

10 お盆(迎え火・送り火など) 27.5%

という結果になりました。

7cd557ae2be8ab2494a51ba7361b27c8_s

また

年中行事を行うのは、なぜですか?という問いに対しては

1 美味しいご飯やお酒を食べたり飲めたりするので ⇒  37.1%

2 昔からの伝統や風習を守り、大事にしたいので  ⇒ 36.7%

3 昔からの伝統や風習なので、あまり考えずに続けているだけ ⇒ 32.0%

4 家族や親族、友だちと集まるきっかけになるので ⇒ 26.4%

5 毎年の繰り返しが、一年間のサイクルやリズムを作っているから ⇒ 23.1%

ここで 注目すべき点は

古くから続く日本の伝統行事を絶やすことなく、大事に守りたい事と

子ども達にその文化や風習を伝えていくといった教育の一環として、

年中行事を重視する傾向がありました。

年中行事を大切にする意識は 子どもがいる家庭ほど高いこともわかっています。

季節ごとの 行事が これほどまでに 日本人の暮らしに 深く結びついていることも頷けますので

PR広告には 日本特有の「季節感」が非常に広告効果に結びつく要素として大切になってきます。

ただし

子ども達だけでなく 消費者に対しても 正しく その意義や由来などを理解しながら

活用しなければなりませんね。

特に この「節分」では この数年で一気に

関東地方に 新しい文化が 関西より流れてきました。

それが「恵方巻」なるものです。

 

恵方巻

 

「節分」に至っては 地域によって 実施率に違いが出てくるそうです。

手作りの料理を準備したり 市販品を購入したりする事などが「実施」に当たります。

最も実施率が高いとされるのが、近畿地方で 71.4%の実施率になり

関東エリアは 57.7%で 10つに分けた地域の中で最も低くなっています。

「恵方巻」は 最近では コンビニエンスストアだけでなく 銀座の高級寿司店も販売をしており

関東でも PR広告のチラシが必ずといっていいほど 目に入ってきます。

be306c4233e69b27977bbc5af7228998_s

そもそも

「恵方巻」とは 大阪の船場が発祥とされています。

かつては商家の旦那たちが、遊女と巻寿司を使った遊びを楽しんでいたことから始まったというのに

ここまで 大きなビジネスに成し得てしまうのは 日本人の恒例行事への思い入れをうまく利用したと言ってもいいかもしれません。

1932年に 大阪すし商組合後援会が「幸運巻寿司」なる太巻き寿司を販売するために

配布したPR広告のチラシには

「節分の日に限るもので その年の恵方に向いて 無言で一本の巻き寿司を丸かぶりすればその年は幸運に恵まれる」

遊女との遊びから始まったものに PR効果の高そうなスパイスを散りばめ

現在で言う「恵方巻」は 恰好のイベント商材になりました。

それをさらに 決定づけたのは

セブンイレブンです。

1989年に広島県の一部の店舗から販売をスタートし、

1998年には 全国展開へ 右肩上がりの売上で拡大していきました。

2016年には 664万本が販売されたというのです。

先ほどの アンケート調査で 何故年中行事をやるのですか?の回答の1位が

「美味しいご飯やお酒を食べたり飲めたりするので」

でしたので

「節分」で 歳の数のお豆を食べるだけでは 物足りないですものね。

30fee7fe3de1be889ff490fdc278df4e_s

本当は 「節分」には 鬼の進入を防ぐ魔除けの「鰯」を飾ったり 食したりする文化もあります。

「鰯」は鬼の嫌いな臭いと煙を出しながら焼いて食します。平安時代からあるのですけどね。

こちらはPR不足でしょうか 「恵方巻」ほど あまり知られていないかもしれませんね。

引用参考:恵方巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る