PRまめ知識ブログ

広告と書体

文字には歴史があります。

書体は時代の流れの中でさまざまな変化をしてきました。

宣伝する内容に合わせて書体も変化させましょう。

c0b117014458365178346f902209f5e4_s

書体

書体(しょたい)とは、一定の文字体系のもとにある文字について、それぞれの字体が一貫した特徴と独自の様式を備えた字形として、表現されているものをいいます。

基礎となる字体の特徴、およびその字形の様式から導かれる、形態の差異によって分類されます。

例えば、漢字という文字体系のもとにある書体として、篆書・隷書・楷書・行書・草書の五体に加え、印刷用の書体(明朝体やゴシック体など)があります。

これらはいずれも共通の文字集合から生まれながら、時代・地域・目的などにより、その形態を変化させていったものなのです。

 

書体の種類
[東亜書体]

中国

  • (一般的に用いられる)活字書体
  • 宋朝体
  • 明朝体
  • ゴシック体

 

  • 毛筆書体
  • 木版書体
  • 石碑体
  • 亀甲獣骨文字
  • 金文体
  • 大篆

 

日本

  • 印章書体
  • 古印体
  • 角字
  • 八方篆書

 

  • 毛筆書体
  • 和様
  • 写経体
  • 連綿体
  • 江戸文字の多く

 

  • 活字書体
  • 築地体
  • 秀英体
  • 印刷局書体
  • 凸版書体
  • 石井書体
  • モトヤ書体
  • 平成書体

 

  • デザイン書体
  • POP体

 

  • 教科書体
  • 学参書体
  • 筆順書体
  • モダンゴシック体
  • 丸ゴシック体
  • 丸明朝体
  • アンティーク書体(ドイツ語版、英語版)(アンチック体)
  • 新聞書体 – 扁平書体を採用しています。
  • 公団文字 – 簡略化や強調によって視認性を上げた書体。
  • すみ丸角ゴシック体 – 国鉄などの鉄道で使われている書体。
  • 斜体 – 鉄道方向幕の「快速」表記などに使われます。
  • 字幕書体
  • ペン字体
  • 彫刻書体

 

  • コンピュータやゲーム向け書体
  • ドット文字 – 簡略化によって少ない解像度でも表示できるようにした書体。
  • ギャル文字 – 既存の書体の要素で構成された新たな書体。
  • レイアウト用擬似文字 – レイアウト製作用に、意味の全く持たないダミーテキスト(グリーキング)を作るための擬似文字書体。使用する書体に似た擬似文字書体が使われます。

acb7fc869d039d604f148874b12e2bef_s

[欧文書体]

欧文書体の設計は、画数や字数が少ないこと、またその造形的特徴、そしてその豊富な歴史から、整理・体系化が進んでいます。

 

セリフ(ストロークの端に飾りがついた書体)

  • オールド・フェイス
  • トランジショナル
  • モダン・フェイス

 

サンセリフ(セリフのない、均一な太さのストロークをもつ書体)

  • グロテスク
  • ネオ・グロテスク
  • ヒューマニスト
  • ジオメトリック

 

スクリプト(筆記体などの手書き文字に近い書体)

  • ディスプレイ (POP) 書体
  • ブラックレター

82a6be83240da56226a8994d5efb7c0f_s

欧文書体の各構成要素

欧文書体のデザインでは各部のデザインが決まれば、他の文字の同様の部分もおおむね定まってきます。

 

欧文書体の各種ライン

ベースライン

単にラインとも呼ばれます。

欧文に限らず、様々な文字体系に存在する仮想的な線と言えるでしょう。

和欧混植の組版においては、一方が下がって見えるといった問題を解消するために、和欧間で異なるベースラインを設定することがあります。

 

ミーンライン

ベースライン+エックスハイト(後述)の高さに引かれる水平線。

ベースラインと並んで、視線を誘導するうえで重要な要素です。

 

キャップライン

大文字の上端の高さに引かれる水平線。

 

アセンダーライン

小文字のf、h、l などの上端の高さ、すなわちアセンダの上端に引かれる水平線。

なお、Lの小文字「l」と大文字「I」の字形が書体によっては酷似しますが、基本的に小文字lの上端はアセンダラインに達し、大文字Iの高さはキャップラインに収められます。

見出し書体では、逆にキャップラインがアセンダラインより高く設計されることがあります。

これは可読性よりも誘目性を重視した設計と言えます。

 

ディセンダーライン

ディセンダ(後述)の下端を揃える水平線。

 

エックスハイト(xハイト)

a、c、x などの小文字の高さ。

ベースラインとミーンラインの間。

文字通り、xの活字の高さ(ハイト)から来ています。

小文字の高さは「エックスハイト・エックスハイト+アセンダ・エックスハイト+ディセンダ」の3種類であり、エックスハイトを基本として全体のデザインが組み立てられます。

書籍などの本文組版に使用される字種の大部分は小文字であり、読者の視線はエックスハイトを基準として流れていくため、これが揃っていない書体の可読性は損なわれてしまうのです。

なお、実際の書体設計においては、cやoなどの丸く小さい文字が、錯視により過度に小さく見えるのを防ぐため、オーバーシュートといって上下のラインに若干重なるようデザインされます。

これにより、人間の目にとってラインが揃っているように知覚されるのです。

 

キャップハイト

大文字の高さ。

小文字と異なり、(一般的な欧文書体では)大文字はこの高さで揃います。

 

アセンダー

b、d、f、h、k、lについて、ミーンラインより上に出た部分。

 

ディセンダー

g、j、p、q、yについて、ベースラインより下に出た部分。

(特に横組みにおいて)活字を単独でなく並べた状態で俯瞰して、和文と特に異なる要素の一つが、このディセンダです。

これに相当する要素が和文活字には存在しないためです。

 

植字にあたって

和欧混植では、ポールやエッジセリフ、ステムなどのデザインが、和文の同様の要素とデザインとして合っているかを考慮しながら組み合わせを考えます。

 

これだけたくさんの書体が存在していると、広告内の文字の選択に迷ってしまうかもしれませんね。

 

引用参考 書体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る