PRまめ知識ブログ

PRトラック

トラック車体に描かれている広告を見たことはありますか?

一部のトラックでは音響などを使用し、大々的にアピールするような宣伝も見かけます。

あるいは運んでいる企業や商品についての宣伝であることも多いかもしれません。

これはピザや生協などの宅配物を思い浮かべていただけると分かりやすいでしょうか。

アドトラック、デザイントラック、PRトラックなどさまざまな呼び名がありますが、広告宣伝車とも呼ばれてきました。

a0b75042a2e78c009bb836754d2eac1f_s

広告宣伝車

広告宣伝車(こうこくせんでんしゃ)とは、トラックの荷台にあたる箇所の側面などに大判の広告を掲出するなど、商品やサービスなどの広告・宣伝を主たる目的として運行・設置される自動車です。

多くは、人目の多い繁華街などを走行しながら通行人等の目に触れさせることで宣伝活動を行い、音声や映像などによる宣伝を伴う場合もあります。

広告宣伝車による広告を仲介・実施する業者のあいだでは「アドトラック (ad truck)」という呼称などが用いられるほか、「車体広告」、「広告トラック」、「移動媒体」などとも呼ばれています。

 

概要

広告宣伝車は、商品やサービスを掲示・広告しながら繁華街などを繰り返し低速走行するなどによって、歩行者や通行車両などに周知することを目的としています。

広告宣伝車は、掲示による広告を主たる目的としている点で、搬送業務を行っているトラックの荷台に商品や会社名が書かれている例や、旅客輸送を行うバスが車体広告を掲載(ラッピングバスを含む)、音声による広告を主目的とする街宣車(選挙カーを含む)などは異なります。

広告宣伝車として使用される車輌はトラックが一般的であり、大型トレーラーから軽トラックまで様々ですが、広告宣伝車として改造されたバスが用いられる例もあります。

広告される商品は、芸能・テレビ番組、ウェブサイト、地域の宣伝など多岐に渡ります。

日本で広告宣伝車が運行される場合、道路交通法や道路運送法のほか、自治体が定める屋外広告に関する条例などに則る必要があるので注意しましょう。

dff6109aadae8eefbbd1190a56463a33_s

批判と規制

広告宣伝車が用いる広告の手法では次第に色やライトの使い方がエスカレートし、街の景観を悪化させていることが問題となりました。

また、広告や宣伝目的のために街中で大型自動車を走行させることについては、それが無用な排出ガスの増加や交通渋滞の惹起につながっているとして、環境面からの批判もなされることもあります。

このため東京都は2011年(平成23年)3月、「屋外広告物条例施行規則」を改正し、従来、電車・バス業界が取り組んできた広告デザインの自主規制を、広告宣伝車でも始めることとしました。

これは、広告宣伝車が公道での走行許可を得る際にデザイン審査を受ける制度で、118社が加入する公益社団法人「東京屋外広告協会」によるデザイン審査をパスして「審査済証」を交付されなければ区市町村からの許可が下りないという内容です。

 

車輌の架装

通常のトラックの荷台にあたる広告掲出面には、広告の内容や画像などを掲載した広告シートが取り付けられます。

広告シートの素材の多くはFFシートやターポリンなどであり、大型インクジェットプリンターを用いて広告が印刷されているのです。

広告シートは、テントを張るような鳩目方式や、アメリカ製のクイックジップ方式などによってトラック荷台の掲出面へ取付けられます。

また、日没後の広告への注目度を高める目的から、広告掲出面の裏側に照明装置を装備していることもあります。

さらに、広告宣伝車には多くの場合、音楽・ナレーション・キャッチフレーズの連呼等を流すための装置が備えられています。

 

近年では、巨大なカラーコピーのように直接車体に塗装する方法もあります。

PRトラックにはさまざまな使い方が存在しています。

予算や使い方に合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

 

引用参考 広告宣伝車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る