PRまめ知識ブログ

原色は広告のポイント

世の中で一番目立つ色は何色でしょうか?

周りにある色によって異なるかと思いますが、大体の方は、

黒、白、赤、黄、青、オレンジ、濃いピンク……

などの色を想像されたかと思います。

もちろん、ここに出ている意外にもさまざまな色を想像されたかと思います。

これらに共通しているのは[強い色]です。

強い色は、基本的に原色、もしくは原色に近しい色であることがほとんどです。

広告では、その広告内で一番目立つ色・場所に、一番主張したいものを指定します。

 42fbbe5b12a2137dfc8003e3adbb249f_s

原色

原色(げんしょく、英: primary colors、単に primary とも)とは、混合することであらゆる種類の色を生み出せる、互いに独立な色の組み合わせのことです。

互いに独立な色とは、たとえば原色が三つの場合、二つを混ぜても残る三つ目の色を作ることができないという意味です。

人類の目においては、原色は三つの色の組み合わせであることが多いです。

 

たとえばテレビモニターや照明などで、異なる色の光を重ねて新たな色を作る加法混合の三原色は、通常赤・緑・青の三色です。

また、絵具を混ぜたりカラー印刷で色インクを併置するときに行われる減法混合の場合の三原色は、シアン・マゼンタ・イエロー(黄色)の三色です。

 

原色とされる色の選択は基本的には恣意的なものです。

加法混合の三原色に使う赤・緑・青も多様であり、表現のしやすさなどを考えに入れてさまざまな基準が定められているのです。

またたとえば、リュミエール兄弟が開発した初期のカラー写真・オートクローム (Autochrome Lumière) では、赤・緑・青のほかに橙(オレンジ)・緑・紫の組み合わせも使われました。

 69a6429eea0424efba52a4064465d6d5_s

生物学的な基礎

原色は電磁波の本質的な要素ではありません。

原色は、生物の眼が可視光線に対して起こす生理学的反応と結び付けられています。

レーザー光のような単色光は別として、天然光や照明などの光は、あらゆる波長の放射エネルギーが合成されており連続的なスペクトルを持ちます。

その刺激値空間は無限次元にわたりますが、人間の目はこれを次のような受容の仕方によって三次元の情報として処理しています。

 

人間の目の奥の網膜には一面に光受容細胞(錐体細胞と桿体細胞)がありますが、光量が充分な場合は三種類からなる錐体細胞が反応します。

錐体細胞には、長波長に反応する赤錐体、中波長に反応する緑錐体、短波長に反応する青錐体の三種類があり、それぞれの波長に最も反応するタンパク質(オプシンタンパク質)を含みます。

これらが可視光線を感受することで信号が視神経を経由して大脳の視覚連合野に入り、ここで赤・緑・青の三種類の錐体からの情報の相対比や位置を分析し、色を認識しているのです。

人間など、三種類の色覚受容体をもつ生物の色覚は「三色型色覚」(trichromacy) とよばれています。

これらの種の生物は、光刺激を三種類の錐体で受けとめ三次元の感覚情報として処理し、あらゆる光の色を三つの原色の混合比として捉えています。

 c1af5075b1a3ec14e0dcc4854e2e2771_s

四色型色覚

色覚受容体の種類の数が違う生物は、異なる数の原色によって色を感じています。

たとえば四色型色覚 (tetrachromacy) を持つ生物には四種類の色覚受容体があり、四原色の組み合わせで色を認識しています。

人間は波長800ナノメートル(赤)から400ナノメートル(紫)の範囲までしか見ることができませんが、四色型色覚の生物は波長300ナノメートルの紫外線まで見ることができ、四番目の原色はこの短波長の範囲にあると考えられます。

 

鳥類や有袋類の多くは四色型色覚を持ちますが、人間でも女性の中には四色型色覚を持つ人もいます。

X染色体にある赤錐体と緑錐体の遺伝子は時として変異により赤・緑のハイブリッドの錐体細胞を作ってしまい色覚障害を起こすことがありますが、女性の場合はX染色体が2つあるため、1つのX染色体でこのような変異が起こってももう一方で正常な赤錐体と緑錐体が作られれば、赤・緑・青のほかに長波長の範囲にもうひとつの原色を認識することになるのです。

人間の色覚受容体が反応する波長は個々人においても多様であり、色覚の「正常」な人の間でも微妙な色覚の差として現れます。

 

人間以外の生物の場合、こうした多様性の幅は大きいが個々の生物はそれに適合していると考えられます。

霊長類以外の哺乳類のほとんどは緑と青の二種類の色覚受容体しか持たないため二色型色覚 (dichromacy) であり、原色は二色しかありません。

大多数の人間のもつ三色型色覚以外の生物の見る世界は色が狂って見える、と考えるのは誤りと言えるでしょう。

また人間にとって自然な色に見えるものは、他の生物たちにとっても自然に見えます。

しかし三原色の光を使って人工的に再現した色(たとえばカラーテレビの画面)を見る場合、人間にとっては自然な色に見えても他の生物にとっては自然な色には見えないのです。

つまり、原色を使って色を再現するときには、再現する者の色覚のシステムに依存した再現がなされているということです。

 

広告そのものや場所に合わせて、一番目立つ色を使用して広告を作成しましょう。

 

引用参考 原色

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る