PRまめ知識ブログ

色のグループ化

広告はさまざまな色と形で成り立っています。

前回から引き続き、人間の視覚と色について学んでいきましょう。

 db4431f26a8b0ca3e40fd23c1e853618_s

錐体細胞と三原色

人間の錐体細胞 (S, M, L) と桿体細胞 (R) が含む視物質の吸収スペクトル。

人間の視覚が色を認識する際には、その光の分光分布を直接計っているのではなく、眼球の錐体細胞に含まれる3つの色素が光を吸収する割合を計っているに過ぎません。

そのため、独立した複数の色を合成する事で人間に別の色を感じさせる事ができるのです。

 

例えば、黄の波長の光は、赤の波長の光と緑の波長の光の組み合わせによってほぼ同じ刺激を与えることが可能であり、黄は赤と緑の組み合わせの光として表現出来ます。

そしてこの場合、黄の波長だけが眼球に入っている場合と、赤の波長と緑の波長が組み合わされて眼球に入っている場合を人間は区別できません。

 

便宜上のグルーピング

ディスプレイ、印刷、絵具など、色を表現するメディアは様々です。

これらを光源、若しくは、透過光及び反射光に着眼して分類した場合、特徴的な色の傾向が異なります。

これを便宜的に色に着眼してグルーピングして、加法混合と減法混合、RGBWとCMYK、RGBとCMYなど、幾つかに分けて説明する場合があります。

原色はどの色なのと問うひとが居ますが、実際に選択される塗料やインク、或いは、カラーフィルターその他が形成する「原色」の色合いが、常に特別に優越される色合いだという訳ではありません。

 f8fac6b3829d860dd1fca9b60707c924_s

減法混合においては彩度が高い状態において明るいものに或る種の優位性が伴います。

効果的に色を表現できる着色材料は重宝されるが、一定の方向性、共通性はあってもその色相や色調は一致しません。

原色の説明はあくまで単純化された抽象論であり空論に過ぎません。

しかも、理想的な原色は実在しないのです。

 

色の混合

ここで挙げるのはあくまで、一般的な色覚を持つ人間を基準にした色の混合の様態です。

二色型の色覚を持つ人は、2つの完全な原色でその人が知覚可能な全ての色を合成することができると考えられており、4つ或いはそれ以上の錐体(若しくはそれに相当するもの)を持つ生物にとっては、4つ或いはそれ以上の「原色」が必要になります。

また、ヘビの赤外線検知器であるピットの情報は脳の視覚野に入っており、視覚情報として処理されていることが証明されています。

つまり、ピットを持つヘビ(マムシなど)にとっては温度情報もまた原色の一つなのです。

 

人間は偏光をハイディンガーのブラシと呼ばれる現象を除いてほとんど知覚できないが、水中生物の一部や昆虫など知覚できる生物が存在します。

彼らは透明なものを偏光の回転程度の違いにより見ることができたり、曇り空でも太陽の正確な方向がわかると考えられています。

そのような生物には、人間が実際の色に近いと判断する写真も、実物と明らかに異なる色合いに見えると考えられます。

 e74d535d5d3431153be01e6b6ef058f9_s

色光の三原色による加法混合

有色の光線によって色を演出する場合、光を加える形で色を合成します(加法混合)。

このとき、積極的な発光によらない、黒さ(暗さ)を表現できる仕組みが求められます。

この結果、効率的に光の透過を抑えることが出来る塩素を含む顔料が採用される場合が多くなるのです。

白色の光を合成するための波長を「光の三原色」や「色光の三原色」と言い、下記の三色を用います。

カラーフィルターを用いる場合に採用される顔料の一例を上げると、

赤がPigment Red 254に少量のPigment Orange 71、緑がPigment Green 36に少量のPigment Yellow 138、青がPigment Blue 15:6に少量のPigment Violet 23、などです。

これはあくまで例であり、これ以外の顔料の組み合わせも使用されています。

以前は「橙」「緑」「紫」の組み合わせも試みられましたが、成功しませんでした。

カラーフィルターのスペクトルは下記の波長とは性格が異なり、一致しません。

 

赤(波長: 625-740 nm 周波数: 405-480 THz)

緑(波長: 500-565 nm 周波数: 530-600 THz)

青(波長: 450-485 nm 周波数: 620-665 THz)

 

色にはたくさんのカテゴリーが存在し、かつそのカテゴリー内で細分化されています。

色の持つ魅力を上手に使用して、広告に活かしましょう。

 

引用参考 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る